おおいまち消化器外科クリニック

消化器内科 大腸・肛門外科

胃腸科 内視鏡検査 痔の日帰り手術


当院の新型コロナウイルスへの対策について (お読みください)

新型コロナウイルスへの感染・拡散防止の観点より、当面の間以下のルールを設けて対策しています。私達クリニックとしての取り組みの他、各患者様への一部制限やご協力のお願いがございますので、ご一読ください。


受診をご遠慮いただいているケース

咳や呼吸困難、倦怠感、嗅覚味覚障害などの症状や、発熱のみられる方、14日に以内に海外に滞在された方、新型コロナウルス感染者との接触のあった方は、当院への受診をお控えくださいますようお願いしております。(該当する方は文末もお読みください)

検温
検温は腋窩式、非接触式体温計を使用しています

また、すべての患者様に検温を実施させていただいています。37.5度以上の発熱が見られた場合、診察や内視鏡検査、手術を行うことはできません。予定を延期させていただきます。

当院では、内視鏡検査や手術などの侵襲的治療を行っておりますので、院内感染のリスクを回避し、ご来院の患者様の安全を確保するためにこの様な処置を取らせていただいております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。


マスク着用のお願い

お越しになる患者様および業者の方は、必ずマスクを着けてご来院ください。現在当院での受診にはマスク着用を必須とさせていただいております。マスクのご用意のない方には、マスクを窓口で販売します。


施設としての感染防止の取り組み

ご来院の患者様の安全に配慮し、当院では次のような対策を実施しています。これら取り組みにより院内感染の危険性を排除できるよう努めています。

■診察や説明時の対策
検温
クリアパーティションを挟んで診察を行います

患者様と医療スタッフとの間に透明のパーティションを設置するとともに十分な距離を確保し、必要最小限の時間のご説明でご理解いただけるよう努めています。新型コロナウイルスに感染した方の来院の可能性が常時ある現状の中、まず私たち医療従事者が感染しないこと、更に私たちから患者様に感染させることが決してないよう、診察時、対面時の飛沫感染対策に取り組んでいます。ご理解、ご協力いただけますようよろしくお願いいたします。


■待合室の密集対策・予約制限の実施

緊急事態宣言の発表を受けまして、現在当院では予約制限を行っております通常より予約枠を制限することで、各診察ごとに消毒作業のための間隔をとるとともに、待合室での密集状態を回避するよう努めています。そのため一部通常より予約が取りづらい状況になっておりますが、ご理解の程どうぞお願いいたします。
なお、診療、検査は通常と同じ曜日、時間帯で行っています。


■院内設備やスタッフ自身の取り組み
  • 診察台および内視鏡・手術ベッド、リカバリルームソファなど診療設備の1回使用ごとの清拭、消毒の実施
  • ボールペン、クリップボード、ドアノブ、手すり、カウンター、ソファー、洗面台、トイレ等の院内備品、設備に対する消毒の徹底
  • 対面での会話による感染予防のため受付、診察室、説明室にクリアパーティションを設置
  • 内視鏡検査機器の洗浄、消毒は平時よりガイドラインに準じて実施
  • 検査に使用するスリッパ、コップ、シート等は全て使い捨てタイプを採用
  • 院内の図書、玩具などの共用物品の廃止
  • 院内換気の徹底、大容量空気清浄機、サーキュレーター、加湿器の設置
  • トイレに便座除菌クリーナーを設置
  • 全スタッフのゴーグル・マスク・使い捨てグローブの着用、検温・手指洗浄・消毒の徹底
  • 内視鏡検査に携わる医師、看護師のフェイスシールド、ガウン、マスク、グローブ着用による感染防御
  • 全患者様の手指洗浄、消毒、検温、マスク着用ご協力のお願い、呼吸器症状等のある患者様の診察制限
 
受付ではクリアパーティションを挟んで応対いたします   説明室のクリアパーティション

 

新型コロナウイルスの症状が見られる方へ

咳や呼吸困難、発熱等の症状がみられ新型コロナウイルスが疑われる場合でも、当院ではレントゲン等の呼吸器疾患の検査設備はなく、精査することができません。
これら症状に該当する方はかかりつけ医にご相談いただくか、下記の窓口にご相談いただきますようお願いします。

東京都 新型コロナウイルス感染症電話相談窓口(新型コロナ コールセンター)
TEL:0570-550571(9:00〜21:00 土日祝日含む)




≫HOME