東京都品川区大井町 | 消化器内科 胃腸科 大腸・肛門科 内視鏡検査 痔の日帰り手術

おおいまち消化器外科クリニック

品川区 胃がん内視鏡検診

平成30年より品川区では区民を対象に「胃がん検診」として胃内視鏡検査(胃カメラ)が品川区の助成により受けられるようになりました。

バリウム検査と異なり、内視鏡検査は内視鏡で胃を直接観察する事で、胃の状態や病気の診断に高い効果を発揮します。検査中に疑わしい病変が見つかった場合は、その場で病理組織検査やピロリ菌検査などの精密検査を行う事も可能です。また胃内視鏡検査は、胃ばかりでなく食道や十二指腸の状態も一度に観察できます。


平成30年度 品川区 胃がん内視鏡検診 概要

実施期間


平成30年6月1日 ~ 平成31年1月31日まで(当院休診日を除く)


検診の対象となる方


下記の条件にあてはまる方が対象となります。


⇒ 50歳以上で年度内に偶数年齢に達する品川区民のうち、下記に該当する方


  • 職場等で同様の健診を受診できない方
  • 原則昨年度品川区胃がん検診(バリウム検診・内視鏡健診)対象の方で受診していない方
  • 今年度品川区胃がん検診(バリウム検診・内視鏡健診・リスク検診)を受診していない方
  • 次の除外条件に該当しない方

《除外条件》

  • 胃内視鏡検査に関するインフォームドコンセプトや同意書の取得が出来ない方
  • 妊娠中の方
  • 疾患の種類に関わらず入院中の方
  • 胃疾患で受療中の方
  • 胃全摘手術の方
  • 咽頭・鼻腔などに疾患があり、内視鏡の挿入ができない方
  • 呼吸不全、重篤な循環器・呼吸器疾患を有する方
  • 抗血栓薬を内服中の方
  • 明かな出血傾向またはその疑いがある方
  • 全身状態が悪い方
  • その他医師が検査に適さないと判断した方


自己負担額


品川区胃がん内視鏡検診 2,000円

ただし、胃・食道の観察時に病変を発見し、病理組織検査やピロリ菌検査の必要性が生じた場合は、保険診療により別途追加料金が発生します。そのため保険証を必ずご持参ください

また検査時に苦痛などにより検査を中止した場合でも費用が発生しますので、予めご了承ください。



検査内容についての注意

当院の内視鏡検査は鎮静剤を使用した辛くない内視鏡検査を特色としていますが、残念ながら品川区の公費による内視鏡検診では鎮静剤の使用ができないため、鎮静をしないで経鼻内視鏡もしくは経口内視鏡を行います。 ただし、症状がある場合は保険診療により鎮静剤を使用した検査を行うことができます。



胃がん内視鏡検診の流れ

品川区より対象者に送付される「品川区胃がん内視鏡検診 受診券」をご確認ください。

検査前のオリエンテーションをします。まずはお電話で予約をお取りください。
電話番号 03-3777-9206

オリエンテーションでは検査時の注意事項についてご説明し、検査の日を決定します。
「品川区胃がん内視鏡検診 受診券」、保険証、お薬手帳をお持ちください。


通常2週間後に、検査結果の説明を行います。(生検した場合は4週間後となります)



内視鏡

内視鏡担当医師の紹介

内視鏡検査は院長と非常勤医師が行います。
≫内視鏡担当医師の紹介

内視鏡

当院の内視鏡検査機器について

内視鏡検査の精度と快適さを向上させる機能についてご紹介します。
≫内視鏡検査機器について

内視鏡

胃内視鏡検査の流れ

胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けるときに、どのように進行していくのか順に説明しています。
≫胃内視鏡検査の流れ

内視鏡

内視鏡検査Q&A

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)に関する、よくある質問と回答を掲載しています。
≫内視鏡検査Q&A



≫内視鏡ページに戻る

Topへ >>