おおいまち消化器外科クリニック

消化器内科 大腸・肛門外科

胃腸科 内視鏡検査 痔の日帰り手術

おおいまち消化器外科クリニック


肛門外科


痔や肛門のトラブル

当クリニックであつかう肛門の病気

肛門の病気のことを総称して「痔」といいますが、一般に「痔核」(いぼ痔)、「裂孔」(きれ痔)、「痔瘻」(じろう)の3つの疾患が代表的です。


痔核 -いぼ痔-

痔核とは、長時間の立ち仕事や座り仕事、排便する時の過度な"いきみ"や、長時間のトイレなどの生活習慣のために、血行が悪くなった肛門の血管や組織がはれて飛び出す(脱出)ようになった疾患です。肛門の内側の血管がはれる内痔核と外側の血管がはれる外痔核があります。

裂孔 -きれ痔-

硬い便や回数の多い排便などで肛門の中が切れてしまう病気です。初期の裂孔は排便時の痛みや出血が主な症状で、お通じのコントロールや外用薬で治すことができますが、慢性化するにつれて肛門が狭くなる狭窄症状が現れ治癒しにくくなってきます。

痔瘻(じろう)

肛門の中の肛門陰窩から肛門の周りにつながる瘻孔(トンネル状の管)ができる病気です。肛門陰窩に細菌感染が起こり肛門のまわりに膿がたまる肛門周囲膿瘍を繰り返すことで痔瘻になる場合が多いです。自然に治癒することは少なく、繰り返すうちに痔瘻の数が増えたり複雑化したりします。手術による治療が必要な疾患です。

この他に当院であつかう肛門科疾患

肛門周囲膿瘍、肛門ポリープ、肛門周囲湿疹、尖形コンジローマなど


痔核の治療 ―入院の必要のない日帰り手術―

痔核(いぼ痔)は、長時間の立ち仕事やすわり仕事、長時間のトイレや過度のいきみなどの生活習慣を原因として発症します。軽度の痔核は、生活習慣の改善によって症状を軽くすることができます。急激に症状が悪化した場合でも、排便のコントロールや外用薬(軟膏など)で多くの場合は切らずに治すことができます。

ある程度以上の大きくなった痔核や、外用薬で治らない場合には外科的な治療が必要となります。これまでは、痔核の手術と言うと1週間程度の入院が必要となることが多くありました。お仕事や子育て、ご家庭の事情で入院が難しい方は、手術が必要でも受けることができずに困っているという相談を受けることがしばしばありました。当院では、日帰り手術に適した麻酔、手術術式を用いることで、日帰りで痔核の手術を行っています。日帰り手術の麻酔は、点滴で静脈麻酔薬を使い、眠っていただいてから、手術部位に局所麻酔薬を使用します。手術時の痛みを感じないことはもちろん、術前、術中の不安感やこわい気持ちを感じないで手術を受けていただくことができます。

当院での手術術式は、注射による治療(ジオン注射)と、痔核を切除する結紮切除術、それらを併用するハイブリッド手術です。ジオン注射は術後の痛みや出血などがほとんどありませんので、翌日から日常生活に復帰できますが、外痔核のない比較的小さめな内痔核が対象です。ジオン注射での治療が難しい方には、切除とジオン注射を組み合わせたハイブリッド手術による治療をお勧めしています。これまでの、切除のみの手術に比べて、ジオン注射を併用することによって術後の痛みや出血などの合併症を大幅に少なくすることができますし、ジオン注射単独に比べて再発も少ない治療法です。それぞれの患者さんの病態、ご希望に合わせてよく相談して適切な治療法を選んでいきましょう。



肛門科診察の流れ

問診
問診票に記載していただいた内容を参考に、一番困っている症状、これまでの経過などをお聞きします。
診察
ベッドに左横向きで横になっていただくSims体位でお尻の診察を行います。医師、看護師と目を合わさずに診察を受けられ、また、従来あった仰向けの診察に比較して恥ずかしさの少ない診察方法です。まずは、指での触診を行い、その結果に応じて肛門鏡という肛門の中を見る機械を使って診察を行います。
検査後
説明
問診、検査結果を参考に治療法を相談します。軽度の痔核は、生活習慣の改善、排便のコントロール、外用薬、内服薬によって軽快します。中等度以上の方は、手術的治療も含めて患者さんの希望にあう適切な手術方法を提案いたします。



肛門の手術


肛門科手術の流れ

更衣室にて手術用ハーフパンツに着替えていただきます。

手術室ベッドに打つ伏せの姿勢で横になっていただきます。マッサージベッドのようなクッションを用意していますのでくつろいで横になることができます。

バイタルサイン(血圧、脈拍、血中酸素濃度など)のチェックを行います。

静脈麻酔薬を点滴から注射していくと、30秒程で眠くなります。患者さんがお休みになった後で、手術部位に局所麻酔薬を注射し、完全に痛みがないことを確認して手術を開始します。

手術は術式にもよりますが15分から40分ほどで終了します。

静脈麻酔薬を終了し、麻酔が覚めてからリカバリ室に移動していただき完全に麻酔が覚めるまでお休みいただきます。



手術前後の注意点


【手術前日】

特に日常生活に制限はありませんが、早めにお休みになり万全の体調で手術に臨みましょう。


【手術当日 術前】

手術予定時刻の6時間前から食事の摂取は中止してください。
水、お茶、スポーツドリンクなどの水分の摂取には制限はありませんが、お菓子、ゼリー、ヨーグルト、乳製品などを摂取しないようにしてください。
手術予定時刻の2時間前に、前処置用の座薬を2本使用して排便を済ませてください。


【手術当日 術後】

手術後は十分気をつけて早めに帰宅するようにしてください。
麻酔薬の影響がありますので、自動車、バイク、自転車の運転はできません。
手術後から食事をとることが可能です。
飲酒、運動、入浴、シャワーをすることはできません。
排便のあった場合には、柔らかにしたウオッシュレットで十分に創を洗浄してください。


【術後】

手術後1週間は飲酒、運動、旅行はしないようにしてください。術後出血や創の浮腫などの合併症が起こりやすくなります。
手術の大きさによっても異なりますが術後の痛みは3日目までが比較的強く、次第に和らいでいきます。しっかりと、鎮痛剤を内服することで緩和することができます。
手術翌日からシャワー浴、翌々日から入浴することができます。入浴することで局所の血行が良くなり、痛みを和らげるとともに創の治りを促進します。少し面倒でも可能な限り浴槽に入って入浴しましょう。



痔核日帰り手術に関するQ&A


Q 手術後の麻酔はどの程度効いていますか?
Q 手術後は個人差はありますが約3時間ほど麻酔が効いています。
徐々に麻酔が切れてきますので、急に痛みがでることはありません。
   
Q 手術当日の費用はいくらになりますか?
Q 痔核根治術・ジオン注射ともに3割負担で2万円前後・1割負担で1万円前後です。
お支払は現金のみの取り扱いです。
   
Q 手術後のお尻のケアはどのようにすればいいですか?
Q ウォシュレットまたはシャワーにて1日3~4回洗浄し清潔に保って下さい。
下着が汚れてしまうおそれがありますので、ガーゼや生理用ナプキンを当てて下さい。
   
Q 手術後、出血した場合はどうすればいいですか?
Q ガーゼに少量付着する程度の血液や、ピンク色〜黄色の排液は特に問題ありません。
多量の出血がみられる場合にはご連絡をお願いします。診療時間外の場合には、留守番電話にメッセージをお願いいたします。その際、お名前、電話番号を必ず残すようにしてください。折り返しご連絡いたします。
   
Q 仕事は翌日からできますか?
Q 可能ですが、長時間のデスクワークや、肉体労働はお尻への負担が強く痛みがでる場合があります。途中に休憩を挟むなど無理をしないように心がけてください。
   
Q 生理中でも手術は可能ですか?
Q 可能です。生理中の場合、できましたらタンポンを入れてご来院ください。
禁煙 ビタミン注射 プラセンタ注射