おおいまち消化器外科クリニック「肛門外科」
おおいまち消化器外科クリニック「肛門外科」
トップページ肛門外科

肛門外科Colorectal surgery

おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町の肛門科の診察

プライバシーに配慮した診察
入院のいらない
肛門科日帰り手術

おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町の肛門科の診察

いぼ痔などの肛門の病気で悩んでいても、恥ずかしさや抵抗感のためになかなか相談しにくく、結果的に悪化させてしまうケースが多く見られます。おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町では安心して診察を受けていただけるよう細やかな配慮を心がけております。肛門科疾患の多くは、生活習慣の改善やお薬の治療で軽快しますが、症状が重く手術が必要な場合には、体への負担が少ない日帰り手術を行なっています。

プライバシーに配慮した診察

はじめての肛門科受診はとても緊張される事と思います。
おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町では下記の様な点に配慮して
少しでも診察を受けやすくなる様に心がけています。

  • 同フロアで消化器内科や内視鏡検査の診療を行っていますので、肛門科診察と周りの方に気づかれない環境です。
  • 女性の方もに安心して診察を受けていただける様に、必ず女性スタッフが同席し診察のアシストを行います。
  • ズボンや下着を完全に脱衣する必要はありません。患部が見える程度まで下ろしていただき、タオルで覆って診察を行います。
  • 診察時の姿勢は、もっとも羞恥心が少ないとされる横向きに寝て膝をかかえる姿勢(Sims体位)で行います。

FLOW肛門科診察の流れ

  • 問診

    問診

    問診票をもとに今困っている症状について伺います。

  • 肛門科診察

    肛門科診察

    診察は左側横向きの姿勢で、視触診や肛門鏡による診察を行います。

  • 結果説明

    結果説明

    診察結果をもとに治療方針についてご相談いたします。

肛門の病気のことを総称して「痔」といいますが、
一般に「痔核」(いぼ痔)、「裂孔」(きれ痔)、「痔瘻」(じろう)の3つの疾患が代表的です。

  • 痔核-いぼ痔-

    痔核-いぼ痔-

    小さな痔核は多くの方にみられますが、便秘や長時間の座り仕事などの生活習慣によって大きく腫れてくると、肛門の外に出てきたり、痛みや出血などの症状がみられる様になります。胃がんや大腸がんといった悪性疾患と違い、痔核は良性疾患なので、症状がつらくなければ無理に手術をする必要はありません。多くの方は外用薬や緩下剤の内服で症状は和らぎますが、保存的治療で改善しない場合は手術治療が有効です。

  • 裂孔-きれ痔-

    裂孔-きれ痔-

    便秘や下痢などの排便トラブルで肛門の中が切れてしまう疾患です。主な症状は排便時の、痛みや出血です。軽い裂肛は誰しも経験する事で自然に治癒することが多いのですが、慢性的に経過すると次第に潰瘍化し、狭窄(肛門が狭くなること)や肛門ポリープを合併する様になります。慢性化した裂肛に対しては、裂肛部分の切除や狭窄解除、肛門ポリープの切除などの手術が必要な場合があります。

  • 痔瘻-じろう-

    痔瘻-じろう-

    直腸の下部と肛門のまわりをつなぐ瘻管(トンネル状の管)ができる病気です。直腸の下部にあるくぼみ(肛門陰窩)に細菌感染が起こると、肛門のまわりに膿がたまる肛門周囲膿瘍になりますが、肛門周囲膿瘍を繰り返すことで痔瘻になるケースが多くみられます。痔瘻は自然に治癒することは少なく、長年経過することで複雑化することがあります。手術による治療が必要な疾患です。

その他の肛門科疾患
血栓性外痔核、肛門周囲膿瘍、肛門ポリープ、肛門周囲湿疹、尖形コンジローマ、スキンタグ

痔核(いぼ痔)をはじめとする肛門科疾患の多くは、排便のコントロールや生活習慣の改善、外用薬などで症状を軽減する事ができます。
胃がんや大腸がんといった悪性疾患と異なり、肛門科疾患は必ずしも手術で取り除かなければいけないものではありません。
薬で症状が改善しない場合や根治的な治療が必要な場合には、注射や手術による外科的治療を考慮します。

  • 痔核の治療

    これまで、肛門科の手術は1-2週間の入院が必要なことが多く、お仕事やご家庭の事情で都合がつかない方は、手術を受けることができませんでした。おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町では、日帰り手術に適した麻酔、手術術式を取り入れることで、入院手術と遜色のない治療を日帰り手術で行なっています。静脈麻酔で眠っている状態で手術を行いますので、手術時に痛みを感じないことはもちろん、術中の不安感やこわい気持ちを感じずに手術を受けていただくことができます。

おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町の痔核手術術式

おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町では、注射による治療法(ALTA療法)と結紮切除術を組み合わせた術式を施行しています。

比較的小さな内痔核にはALTA療法単独による治療を行っています。ALTA療法は術後の痛みや出血などの合併症がほとんどありませんので、手術の翌日から大きな制限なく日常生活を送ることができます。

外痔核や肛門ポリープを伴う場合や大きな内痔核に対しては、ALTA療法と結紮切除術を組み合わせた術式を行います。従来の術式と比較して、しっかりとした根治性を保ちつつも低侵襲な術式なので、術後の痛みや出血などの合併症が少ないことが特徴です。 痔瘻やスキンタグの合併など個々の患者様の病態や、ご希望に応じて、適切な治療法をご提案します。

入院手術が必要な場合には、専門病院でしっかりとした治療を受けていただける様にご紹介しますのでご安心ください。

FLOW肛門科手術の流れ

  • 手術前日

    日常生活の制限はありません。
    早めにお休みになり万全の体調で手術に臨みましょう。

  • 手術当日

    11時以降のお食事を控えていただきます。
    お水・お茶は手術1時間前までお飲みいただけます。
    排便を促す座薬を使用し、排泄を済ませておきます。

  • 肛門科手術

    更衣室ロッカーに貴重品を収納し、手術着に着替えていただきます。
    手術時間は手術内容により異なりますが20-40分ほどです。
    点滴のルートを確保し、心電図・酸素モニターを装着して麻酔・手術を行います。

  • 手術後

    麻酔が覚めるまでリカバリールームで休憩後、手術内容を説明いたします。
    検査後は車や自転車の運転はできませんのでご注意ください。
    合併症予防のために、術後1週間の飲酒、運動、旅行は控えるようにしてください。
    完全に治癒するまで1-2カ月ほど定期的な通院が必要です。

Cost of Surgery肛門科手術にかかる費用

保険診療(3割負担の場合)
痔核手術約25,000~40,000円
痔瘻手術約20,000~40,000円
痔核と痔瘻手術約30,000円
血栓性外痔核手術約7,000円
肛門周囲膿瘍手術約10,000円

FAQよくあるご質問

  • 肛門科の手術は事前に予約できないのですか

  • 手術後入浴はできますか

  • どのくらいの期間で治りますか

  • 生理中でも手術を受けることはできますか

  • 仕事はいつから始められますか

その他の質問はこちら

MEDICAL COOPERATION病診連携

おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町では、下記の病院と病診連携を行っています。
緊急時や病院での精査加療が必要な場合には病院と連携し診療させていただきます。
なお、下記以外の医療機関でもご希望の施設にご紹介可能です。