おおいまち消化器外科クリニック「品川区 胃がん内視鏡検診」
おおいまち消化器外科クリニック「品川区 胃がん内視鏡検診」
トップページ内視鏡検査品川区 胃がん内視鏡検診

品川区 胃がん内視鏡検診

おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町では、「品川区 胃がん内視鏡検診」を受託しています。
従来のバリウムによる胃がん検診と比べて、診断力の点で有効と考えられており
対象となる方は、「品川区 胃がん内視鏡検診」をお受けることをお勧めします。

バリウム検査と胃カメラの比較

※日本消化器内視鏡学会サイトへリンクいたします。

「品川区 胃がん内視鏡検診」
の注意事項

  • 「品川区 胃がん内視鏡検診」で
    麻酔は使えません

    おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町は、麻酔を使用した「つらくない内視鏡検査」を特色としていますが、「品川区 胃がん内視鏡検診」では、麻酔薬の使用が認められていません。麻酔を使用しない内視鏡検査を行いますので、おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町の「つらくない内視鏡検査」とは異なりますのでご了承ください。

  • おおいまち消化器外科クリニック 品川区大井町では経鼻内視鏡検査を行います

    胃がん内視鏡検診では経鼻内視鏡検査をお勧めしています。
    胃がん内視鏡検診では、咽頭反射の少ない経鼻の内視鏡検査をお勧めしています。これまで口からの内視鏡検査で苦痛のなかった方は経口での検査も行えますので、ご希望をおっしゃってください。
    鼻腔、鼻道が狭く経鼻内視鏡検査が難しい方、経口内視鏡が苦手な方は、食道や胃の症状がある場合には、保険診療で麻酔を使用した「つらくない内視鏡検査」を行うことができます。

「品川区 胃がん内視鏡健診」概要

対象者

50歳以上の偶数年齢(年度末年齢)の区民の方
※ただし、下記に当てはまる方は、受診することができません。

胃内視鏡検診に関するインフォームド・コンセントや同意書の取得ができない方

妊娠中の方

疾患の種類にかかわらず入院中の方

消化性潰瘍などの胃疾患で受療中の方(ピロリ除菌中の方を含む)

胃全摘術後の方

咽頭、鼻腔などに重篤な疾患があり、内視鏡の挿入ができない方

呼吸不全や、重篤な循環器・呼吸器疾患のある方

心不全や、急性心筋梗塞・重篤な不正脈などの心疾患がある方

明らかな出血傾向またはその疑いがある方

血液を固まりにくくする薬を服用中の方

収縮期血圧が極めて高い方

全身状態が悪く、胃内視鏡検査に耐えられないと判断される方

当該年度内に品川区の胃がん検診(バリウム・リスク)を受診済または受診予定の方


実施期間

6月~翌年3月末
※受診券は5月下旬頃送付されます。
※前年度の受診券を延長して使用する場合は、4月から受診が可能です。

検査費用

検査費用2,000円

受診方法

受診券をお手元にご用意の上、電話でご予約ください。
検査前に受診していただき、検査内容についてご説明させていただきます。