おおいまち消化器外科クリニック「内視鏡検査」
おおいまち消化器外科クリニック「内視鏡検査」
トップページ内視鏡検査

内視鏡検査Endoscopy

「つらい・苦しい」
を理由に
病気の早期発見を
逃してほしくない

おおいまち消化器外科クリニックでは、麻酔を使用し眠っている状態で丁寧な検査を行っています。 患者様がつらくないからこそ、必要な個所にしっかり時間をかけて詳細な観察をする事ができます。 「精度の高い内視鏡検査」を行うためには「つらくない検査」であることはとても重要だと考えています。 質の高い検査を行うことで、病変を早期の段階で発見し、より身体に負担のない治療を行うことができます。 当院は、内視鏡専門クリニックなので、専門特化した熟練スタッフが検査や治療に専任し高度な医療を安全に行います。 効率化を図るのではなく、一人ひとりの患者様と向き合う姿勢を最も大切にしています。

えっ、もう終わったの?
これが患者様のリアルな感想です

検査を終えた患者様からしばしば聞かれる言葉です。 おおいまち消化器外科クリニックでは麻酔で眠っている間に丁寧な検査を行ないますので、検査後に内視鏡検査の画像をお見せするまで 検査が終わったことを信じてもらえないこともあります。

当院で内視鏡検査を受けた方の
約96%が「つらくなかった」と回答しています

* 内視鏡検査中のつらさについて「大変良い」または「良い」と回答した件数の合計です。

  • 大変良い:144(74.22%)
  • 良い:42(21.64%)
  • 普通:8(4.12%)
  • 悪い:0(0%)
  • とても悪い:0(0%)

最新の内視鏡システムによる
見逃さない精度の高い検査

おおいまち消化器外科クリニックでは、オリンパス社の最新内視鏡システム”EVIS X1”を採用しています。最新最良のシステムを使用することで、微細な病変の発見や精密な治療など精度の高い内視鏡検査を行えます。

詳しくみる
内視鏡機器の衛生管理について

日本消化器内視鏡学会ガイドラインに準拠した洗浄法を採用し、
徹底した衛生管理のもと内視鏡機器の洗浄消毒を行なっています。

詳しくみる

このような症状がある方は
内視鏡検査をおすすめします

  • 上部内視鏡(胃カメラ)

    喉の違和感 胸やけ 呑酸(酸が込み上がる) げっぷが多い 胃もたれ 胃の痛み 吐き気 食欲低下 急激な体重減少 など

  • 下部内視鏡(大腸カメラ)

    血便 お腹の張り 痛みなど腹部の症状 下痢や便秘など便通の異常 急激な体重減少 など

  • これらの項目に当てはまる方

    定期検診などで精密検査を必要とされた方

    家系で胃がん・大腸がんの方がいらっしゃる方

    35歳以上で、これまで内視鏡検査を行ったことがない方

品川区 胃がん内視鏡検診では、
麻酔を使用した内視鏡検査はできません

当院の内視鏡検査は麻酔を使用した「つらくない内視鏡検査」を特色としていますが、品川区の胃がん内視鏡検診では規約により麻酔は使用できません。通常の経鼻内視鏡検査を行っています。また経口内視鏡検査は行っておりませんのでご注意ください。(食道や胃の症状がある方は、保険診療により麻酔を使用した「つらくない内視鏡検査」を行うことができますのでご相談ください。)

品川区 胃がん内視鏡検診
について

診療時間
午前有本新倉中岡★小林交代△
午後院長桑原院長院長交代▲

土曜日は週ごとに医師が交替し担当します。
△土曜午前・・・1石井、2桑原、4桑原、5加納(第3土曜は実施していません)
▲土曜午後・・・1石井、2伊藤、3岡田、4千葉、5加納
★中岡: 女性医師

MEDICAL COOPERATION病診連携

当院では、下記の病院と病診連携を行っています。
緊急時や病院での精査加療が必要な場合には病院と連携し診療させていただきます。
なお、下記以外の医療機関でもご希望の施設にご紹介可能です。