おおいまち消化器外科クリニック

消化器内科 大腸・肛門外科

胃腸科 内視鏡検査 痔の日帰り手術

おおいまち消化器外科クリニック


内視鏡検査Q&A



胃の内視鏡検査(胃カメラ)に関するQ&A

Q 胃カメラはつらくないですか? 検査方法に他院との違いはありますか?
Q 胃の内視鏡検査(胃カメラ)に対して、つらい検査というイメージを持っている方は多いと思います。胃カメラをつらく感じるのは主に次の三つの理由からです。
  1. 内視鏡が喉の奥を通過するときに、舌の付け根(舌根部)に直接触れることで「オエッ」となってしまう咽頭反射。この反射を多くの方が最もつらいと感じています。
  2. 内視鏡が胃や十二指腸を通過していくときに、胃や腸が引き伸ばされるために生じる伸展痛。特に若い女性で胃が下垂している方や、普段から胃の調子に敏感な方は不快に感じることが多い様です。
  3. 胃の観察を行うときは、胃内に十分な量の空気を入れて膨らまさなくてはいけません。その際に、胃が張る感じ、げっぷが出そうな感じがおこります。
これら3つの要素に検査に対する不安感が加わって、パニック状態になってしまう方もいらっしゃいます。
これらの不快感に対して、各病院・医院でも様々な対策がとられていますが、当院では、現時点で患者さんの負担が一番少ない検査方法として、鎮静剤を使用しておやすみになった状態での経口内視鏡検査をお勧めしています。この検査法は、検査前の不安感をやわらげ、検査中のつらい反射やおなかの苦痛がなく、経鼻内視鏡にある検査後の鼻痛や出血などの後遺症状もありません。
さらに大きな利点として、検査の精度を高めることができる点があります。患者さんが苦痛を感じている状態では、われわれ医師も焦る気持ちから駆け足の検査となってしまうことが多々あります。鎮静剤を使用して患者さんがリラックスしている状態で検査を行うことで、内視鏡医も観察すべき箇所にしっかりと時間をかけて精度の高い検査を行うことができます。
   
Q 経鼻内視鏡と経口内視鏡との違いは何ですか?
Q 喉の反射を抑えるためには、経鼻内視鏡も有力な選択肢です。内視鏡を口からではなく、鼻から挿入することによって、舌の付け根に触れることなく内視鏡をすすめることができます。一方、経鼻内視鏡の限界としては咽頭の反射は抑えられますが、上に述べたようなおなかの不快感が生じてしまいます。また、鼻から喉までの通り道に対する麻酔処置(鼻腔内に麻酔ゼリーを注入し、試験挿入用のチューブを留置するなど)に対する不快感や、通り道が細い方は検査中や検査後に鼻の痛みを感じたり、鼻出血を来したりすることがあります。
そういった理由からも、当院では鎮静剤を使用しておやすみになった状態での経口内視鏡検査をお勧めしています。
   
Q 内視鏡検査を受ける前の食事制限はありますか?
Q 胃カメラの場合は検査の12時間前までにお食事を済ませていただきます。(例:午前9時半からの検査の場合は前日の午後9時半までに夕食を済ませる)
検査の1時間前まで水分をお飲みになることはできますが、牛乳やジュースなどの着色した飲料は控える様にしてください。
   
Q 検査には保険が効きますか? 費用はどれくらいですか?
Q おなかの症状がある場合は、検査は保険診療で行うことができます。
胃カメラを保険診療(3割負担)で受けた場合、費用は約4,000円です。
ピロリ菌感染や、潰瘍、腫瘍などの疾患が見つかった場合には、精密検査が必要となりますので、その内容にもよりますが、合計で6,000~13,000円ほどのご負担となります。
   
Q ピロリ菌がいるか調べることはできますか?
胃カメラを受けないでピロリ菌の検査を受けることはできますか?
Q 胃カメラで慢性胃炎を認めて、その原因としてピロリ菌感染が疑われた場合にピロリ菌の感染検査を行います。ピロリ菌は胃がんをはじめとする多くの胃の疾患の原因となります。
保険診療では胃カメラで胃の精密検査を行った後でピロリ菌の感染検査を受けていただく、という順番で検査をすすめていきます。ピロリ菌に感染している患者さんは、すでに胃がんに罹患している可能性が否定できませんので、ピロリ菌の感染検査・治療のみを行った場合、最悪の場合、胃がんを放置して進行させてしまう危険性があるからです。大切なのは、ピロリ菌を除菌することではなくて、胃がんの危険性を減らすことなので、胃がんが存在しないことを確認してからの除菌でなくては意味がありません。自費でピロリ菌の検査だけを行うこともできますが、保険診療で胃カメラとピロリ菌検査を受ける場合と負担額はほとんど変わりませんし、胃カメラ自体あまりつらくない検査ですので、当院では胃カメラ受けてからのピロリ菌感染検査をお勧めしています。


大腸の内視鏡検査(大腸カメラ)に関するQ&A

Q 検査には保険の適用となりますか? 費用はどれくらいですか? 
Q 腹部の症状がある場合の内視鏡検査や、大腸ポリープの切除手術は全て保険診療で行います。
大腸カメラを保険診療(3割負担)で受けた場合の費用は約5,000円です。組織検査やポリープ切除が必要となった場合には、検査や治療の種類、病変の個数によっても異なりますが、合計で15,000〜30,000円ほどのご負担となります。
   
Q 大腸カメラとポリープ切除を同じ日に行うことはできますか?
Q 当院では、大腸カメラで切除が必要なポリープを確認したら、その場でポリープの切除手術を行います。ただし、20ミリを超える大きなポリープや、抗血栓薬などの血液が固まりにくくなる薬剤を内服中の方は、術後出血や穿孔といった合併症の危険性が高くなりますので、日をあらためて連携病院での入院治療をお願いすることがあります。
   
Q 大腸ポリープを切除するのは痛いですか?
Q 大腸ポリープを切除する際に特に痛みが生じることはありません。治療後は切除創からの出血を防ぎ、治癒を妨げないために、アルコールや、香辛料などの刺激物の摂取や、激しい運動、旅行などを1週間は行わない様にお願いしています。
   
Q 生理中でも検査はできますか?
Q 問題なく検査を行うことができます。ご心配な場合はタンポンを使うようにしてください。
   
Q 大腸カメラの前の食事制限などはありますか?
Q 検査の3日前から、海藻類(ひじき、わかめ、のり等)、キノコ類、こんにゃく、繊維の多い野菜類などを食べないようにしてください。希望される方には、検査前日用の消化の良いお食事をレトルトパックにした検査食をお渡ししていますのでご相談ください。


内視鏡検査全般に関するQ&A

Q 内視鏡の洗浄はどのようにしていますか?
Q 当院では、消化器内視鏡学会のガイドラインに準拠しすべての検査毎に機器洗浄を行っています。検査機器による感染のリスクをなくし安全に検査を受けていただくことができます。
   
Q 内服中の薬がありますが、検査の時はどうしたら良いですか?
Q 血液を固まりにくくする抗血栓薬(抗血小板薬、抗凝固薬など)を内服されている方は、通常の内視鏡検査に問題はありませんが、組織生検、ポリープ切除などの処置を行えない場合があります。抗血栓薬を休薬することで血栓性疾患の危険性が増加しますので、休薬が可能か主治医とよく相談していただく必要があります。
糖尿病の薬を内服している方は、血糖が下がりすぎること(低血糖)がありますので、検査当日の糖尿病薬は内服しないようにしてください。
血圧、心臓、喘息の薬、ステロイド薬、抗てんかん薬などは検査の3時間前(大腸カメラの場合は腸管洗浄剤内服の3時間前)に内服するようにしてください。
その他の薬剤については、検査前に医師、看護師がアドバイスさせていただきます。




内視鏡 内視鏡担当医師の紹介
内視鏡検査は院長と非常勤医師が行います。
≫内視鏡担当医師の紹介


内視鏡 当院の内視鏡検査機器について
内視鏡検査の精度と快適さを向上させる機能についてご紹介します。
≫内視鏡検査機器について


内視鏡 胃内視鏡検査の流れ
胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けるときに、どのように進行していくのか順に説明しています。
≫胃内視鏡検査の流れ


内視鏡 大腸内視鏡検査の流れ
大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けるときに、どのように進行していくのか順に説明しています。
≫大腸内視鏡検査の流れ


内視鏡 内視鏡検査Q&A
内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)に関する、よくある質問と回答を掲載しています。
≫内視鏡検査Q&A
禁煙 ビタミン注射 プラセンタ注射